現役人事が教える 【就活に勝つ200のコツ!】TOP ≫  佐田幸彦って誰?その他)  ≫  現役人事 佐田幸彦 のプロフィール

現役人事 佐田幸彦 のプロフィール

スポンサードリンク
他人が言うにはソックリなのだ就活応援美少女「はるにゃん」
※左の写真は、佐田に似ているという大阪の名物
 右の写真は愛娘「はるにゃん」


現役人事 佐田幸彦 とは?

出身地:N県出身
    T都在住
血液型:AB型
座右の銘:「臥薪嘗胆」
自称28歳。
最近、北方水滸伝にハマっているらしい。
1971年 N県S市に生まれる。
    珍しい男女の双子。
    産まれた時、どちらかを養子に出して後々結婚させよう
    という親戚中の意見に親が強硬に反対。
    普通の子供として二人兄妹で育つ。

    小学校に上がるまで、近所に男子がいなかった為、
    自分を女の子だと強く認識。
    保育園時は特に、男子=汚い・乱暴・五月蝿い・下品な生き物
    と思っていた。

    「お母さん、どうして僕にはヘンなのが股についてるの?」


    高校まで地元でのほほんと過ごす。
    物事にあまり執着しない性格。
    環境適応能力が高い、と言えば聞こえはいいが、
    向上心もなければ反抗心もない。
    争いを好まず、波風を立てず、ぼんやりと過ごす。

1989年 ●児島大学農学部に入学。
    国立だったので親は大喜びだが、本人は「現状満足」で受験。
    第一志望なし。滑り止めもなし。完全に受かる所を狙った。

    親からの仕送りを途中で止め、自活の道を探る。
    ただ、欲が薄いため、何とか生活できて、少々本が読めれば
    後はどうでもいい、という感じなので貧乏でも気にならず。

    「来年買おう」と自身を説得し、卒業まで冷暖房家電は持たず。

    教員志望だったが、文科省の指導に疑問を感じ、教員の道を捨てる。
    理系だったため大学院に行く決意。
    苦手な英語が壁だったが、どうにかすり抜ける。

    大学院時代は、英語の勉強とバイトに費やす。
    引越し・家庭教師から、警備、バーテンにいたるまで色々こなす。

    将来を悩む。
    「このままこの専門の道に進んでもいいのだろうか?
     他の可能性はないのだろうか?」   

1995年 某国立K大学院修了
     バブル崩壊直後。就職氷河期。
     会社パンフを送ってきた企業に連絡すると
     「今年は新卒採用しないと決定」とか、
     セミナーに参加してみると
     「英語力は問いません。
      ただ、今年の新人のTOEICは900点でしたが」
     と言われたりとか、
     「試験や面接はありません」と書いてあるセミナーで
     当日イキナリ筆記と面接があったりとか、
     就職戦線の厳しさを実感。

     真剣でなかった自分を反省し、
     自分の将来を見つめなおした結果・・・
     
     全ての人の反対を押し切り(無視して)専門を捨てる。
     何故かホテルマンに。
     大宴会の予約を営業でゲットする傍ら、
     責任者を怒らせて修学旅行客をフイにしたり…

1996年 教育業界へ転職
     ホテルの仕事は合っていたが、社内の人間関係が緩かったので
     厳しいところを希望して今の会社に拾われる。というか、ねじ込む。

     因みに営業成績は、目も当てられぬほど「とほほ…」な状態。

2002年 社内営業コンテストにて「紹介戦」第一位
      統括室に転属(販促業務に従事)
     新たに販路を拡大したので主任職を頂く

2003年 人事部に転属
     「企業は人なり」全ては人から始まる。
     という信念の元、必死に取り組む。
     最初は「派遣」と「紹介」の区別さえ知らない。
     必死に勉強し、折からの不況も手伝って、
     まずまずの成果を残す。

2004年 今の大学生の就活を何とかしたいと思いメルマガ創刊。
    「就職活動は入社してから始まる」を信条に、
    就活生に熱く訴え始める。
    (2007年現在 読者総数約1600名)
     
2005年 愛娘「はるにゃん」誕生!
     子供を熱望していた訳ではないが、溺愛・盲愛。
     「はるにゃん」は史上空前の美少女だと豪語して憚らない。
     「親バカではありません」が口癖。
    8月に就活支援ブログ「就活に勝つ200のコツ」をスタート。

2006年 happy就活セミナー開始。
    一部学生の間で人気(?)。

    「よりよい就活」→「よりよい入社」→「よりよい仕事」→
    →「ハッピーな人生」→「20年後にハッピーな社会」→
    →「そうなった頃愛娘が社会に出る」
    よって「僕の愛娘のためにキミタチは生きているのだ」と
    就活セミナーで豪語して憚らない。       

現在  世の中は良くなりつつあった景気が急転直下、
    人事部どころか、会社自体がどこも生き残りに必死。
    無論学生だってそうだ。
    だから少しでも手助けを…
    …と思っているが、何せ仕事が倍増。
    休む間もなく、(メルマガの発行やブログ更新もサボリ…)
    毎日必死に採用業務に携わっている。 

そんな佐田を癒すのは、
愛娘「はるにゃん」と就職ブログランキング






1976年 小学校入学。
     自分が男の子の列に並ばされ愕然とする。
     「なぜ自分があんな汚らわしいヤツラと同じなんだ…」

     父に連れられ町内のソフトボールチームへ。
     しかし初日に顔面で球を受け大出血。
     以後絶対に野球はするまいと決意。
     (父も祖父もスポーツ万能だったのに…)

     2年生のときやっと男子の友達ができる。
     野山を駆け回る。
     足だけは速かった。
     剣道の道場にも通っていた。(段取る前にやめた…)

     成績は上の中。
     どちらかといえばいじめられっこタイプであった。

     父が他人の借金を背負う。
     生活が一変。
     例えば、夕飯はいつも数品目と必ずデザートだったのが、
     ある日突然、メザシとネギだけ味噌汁になった。
     しかし、物事に捕われず、現状満足型環境適応能力を生まれながらに
     もっていたため、何も気にしなかった。

     自分を幸せにしようと努力する人(親)がいるだけで満足。
     友達が持っているゲームやプラモやラジコンを欲しがった事もない。
     お店の前でおねだりもしたことはない。

1982年〜 中学校にあがる。
      主要五教科だけだと学年ベスト10。
      しかし体育・音楽・美術はサッパリ…

      学年一の不良に絡まれるが、
      やはり物事に捕らわれない性格から、
      怯えもせず反抗もせず、胸ぐらをつかまれたまま
      「どうなるんだろう」と見つめていたら何もされなかった…

      一度勉強をサボり、国語の点数が急降下。成績第一の祖母激怒。
      しかし、やはり物事に捕らわれない性格から、焦る気持ち皆無。
      そのくせ、根拠のない自信から、自分は当然地元で一番の進学校に
      行くと思っていた。

      サッカー部に所属。「キャプテン翼」の影響大。
      しかし、サッカーをしていたというより、如何に見つからずに反則
      をこなすか、というトンデモナイ練習を嬉々として受け続ける。
      (だからチームは弱かった…)

1985年〜 地元では一番の進学校に入学。
      親は大喜び。しかし本人は、やはり物事に捕らわれない性格から、
      なぜそんなに喜んでいるのか不思議。

      先輩に騙されて生徒会役員に。
      ものを書くのが好きでもあったので一応文芸部に。
      一目惚れによる初恋と同時に失恋も経験。
      その女性のいた美術部にも幽霊部員として。
      コーラス部にはヘルバーとして半所属。

      2年生以降は、以下に生徒会での権力を集中させるか
      ということに精力を出す。

      教員の受けはよく、それが高じて、
      中国に県の高校生代表団の一員に選ばれる




コメント
投稿者: ふみたか (2006年02月28日 20:19) 
…ということは、我らが愛すべき
就活応援アイドル「はるにゃん」も
年頃になるにつれ、これまた愛すべき
大阪名物化してくるということですね!?

う〜ん、あまりイメージしない方がいいかな。
それにしてもはるにゃんかわいいなあ。
これからも『現役人事の親バカ日記』
楽しみにしてます♪
投稿者:VIVI(2006年02月28日 21:06) 
みなとさん、TBありがとうございました!!!
お嬢さんはとってもかわいいですね!!!

リンクさせていただいてもいいですか???

転職活動の参考にさせていただきます!!!
投稿者: 小川達夫 (2006年11月21日 18:06) 
小生が社長であったら、ただちに、貴兄を副社長にするか、
社長の職を譲ります。
人物を見る眼が会社になかったら、
佐田さまご自身の就活は?
投稿者: 転職 (2007年01月16日 02:33) 
転職ブログ検索エンジン
http://www.1049da.com/
転職に関するブログや記事をお持ちの方はどうぞお気軽にご登録下さい!
投稿者: さぁや (2007年01月25日 00:33) 
どこにコメント残していいか、散々迷い、
ここに到着しました。
いいのか、心配ですが。。

今日は貴重なお時間をたっぷりいただいて、
いろいろお話ありがとうございました。

グーグルで宣言通りのトップリンク先に感動しました(笑

じわじわと、たくさんのコツ読ませていただきます。
コツを上手に使って、いろいろな視点から就活や、人生考えていきたいです。
お子さんの可愛さ、優先順位の変化を感じますね(笑

今日は本当に楽しかったです。
人との出会いがあるなと感じました。
では、お仕事頑張ってください。
投稿者: たーきー (2007年05月08日 15:03) 
はじめまして!【華麗なる転職@5回目の職務経歴書】管理人のたーきーと申します。大変参考にさせて頂いております!実は私もK県とN県には大変ゆかりのある人間ですので親近感を覚えます(笑)
もしよろしければ相互リンクお願いできませんか?それでは応援ぽち!
投稿者: 転職道 (2007年06月16日 17:21) 
はじめまして。

『転職道』という転職情報を載せたブログを運営しているtensyokudoと
もうします。

この度は貴サイトを拝見させて頂き
是非相互リンクさせて頂けないかとお願いのご連絡を差し上げた次第です。

私は転職の経験からの情報になるので貴サイトの切り口とは180度違います。
自分の視点の足りないところに気づかされるところが多く大変勉強になります。

もしよろしければ何卒よろしく御願いします。


p.s.
ぶしつけで、勝手とは思いましたが先に貴サイトのリンクをブログサイドバーにはらせていただきました。
ご迷惑でしたら削除いたしますので、お手数ですがご連絡頂けたらと思います、
よろしく御願いします。
(サイドバー 道:転職、就職サイトlink(相互)という箇所にはらさせて頂いています。)

連絡先:katsumikoizumi@gmail.com
サイトURL:http://anonyumous.moe-nifty.com/tensyoku/
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
トラックバック
トラックバックURL:
(※ livedoorブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 現役人事が教える 【就活に勝つ200のコツ!】. All Rights Reserved.