現役人事が教える 【就活に勝つ200のコツ!】TOP ≫  コツ11〜20説明会のコツ特集)  ≫  就活のコツ016 見られている Part1

就活のコツ016 見られている Part1

スポンサードリンク


就活のコツ016

  【見られている Part1】



学生側が企業を見て周り、
就職先を決めるのが、
就職活動

反対に、企業側が来る学制を見て、
いい子を採ろうと躍起になるのが、
採用活動

就活自体はほぼすることって
決まってます。

が、
面接やGDやWEB適性審査など、
いろいろと採用する側の選考方法も
多様化していますし、中身も工夫してたりします。

これは当たり前の事実になっていますが、

 「いつでも、どこでも、あなたは見られている」

と考えた方がよいでしょう。


気をつけるべきは・・・

例えば、
説明会の《多人数の時》、
GDや集団面接で《自分が発言していない時》、
廊下から受け付けまでの間を《歩いている時》、、、

あなたが一歩会社に足を踏み入れた瞬間から、
あらゆる箇所に仕込まれた盗聴器と隠しカメラが、
あなたを狙っているのです!


・・・いや、実際はそんな事に割くコストはないんですが。

そういう気持ちで臨む事が大事です。



なぜなら、

これから一緒に仕事をしたいと思われる人
=毎日8時間以上も一緒にいたいと思える人、

を採用しようとしているのです。


人間は人が見ていないと思うと油断するもの。

その自然なあなたを見たいのです。
(作った学生は見飽きてますから)


そう、あなたはまるで、
ファッションショーに出ているモデルと同じように、
あちこちから見られているのです。(と思うのです)


いいですか?

あなたはモデルです。

颯爽と
自信たっぷりに
歩いて(説明会や面接に)行きましょう。
(いや、モデルウォークやターンはしなくていい!)

勿論、顔には、過去最高の笑顔を貼り付けたままで。

大丈夫、きっと内定くらいはもらえます。
ちゃんと動いているんでしょう?


コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
トラックバック
トラックバックURL:
(※ livedoorブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 現役人事が教える 【就活に勝つ200のコツ!】. All Rights Reserved.