現役人事が教える 【就活に勝つ200のコツ!】TOP ≫  コツ1〜10就活全般のコツ特集)  ≫  就活のコツ006 落ち込んだ時の魔法の言葉

就活のコツ006 落ち込んだ時の魔法の言葉

スポンサードリンク
就活のコツ006

  【落ち込んだ時の魔法の言葉】


就活をしているとイロイロ落ち込む事もあるでしょう。

ESをうまくかけなかった。
GDで下手な司会をして散々批判された。
履歴書間違って送った。
説明会に遅刻した。
面接でボロが出てあたふたなった。
第一志望の会社の試験に限ってケアレスミスした。
説明会の予約を忘れていた。
書類選考で落とされた理由がわからない。

などなど。

落ち込む材料や場面には事欠かない。
閑話休題。

個人的な話なのですが、

幼い頃、私が同級生にいじめられた日は、
母に泣きながら事の顛末を話していました。

母はそんな私に

「うんうん、そうねそうね。今日は大変やったねぇ。
今日はもう遅いから、早く寝ようね。
明日詳しく聴いてあげるね。
その時どうしたらいいか一緒に考えようね。」

そう言って頭を撫でながら、私を寝かしつけてくれました。
その手はとてもカサカサで、ゴツゴツで、
大きくて、暖かったのを覚えています。

さて翌日、すっかり何を相談するかなんて忘れてしまい、
また笑って学校に行く・・・


母は私に嫌なことがあるたびに、

「今日はもう遅いから寝て明日にしよう」

と言っていました。


つらい事を沢山背負った私の母は、
きっと自分自身に向けて言っていたのではないかと
今になって思います。

そうして子供の前では涙を一度も見せず、
自分が被った沢山のつらいことを乗り切ってきたのだと、
今になって思います。


さて、この事は、
「問題を先延ばしにする」
という事とは違います。

勘違いなさらないで下さいね。


就職活動をしていると、

考えたって解決しようがない済んでしまった事、
でも気になってしかたない・・・
そして訳も分からず一人で落ち込んでいる・・・

なんていう経験、起こりますよね。


「あ〜ぁ、またやっちゃったよ・・・」

と、落ち込んでいるなら、

そんな時の魔法のことば



「今日はもう遅いから、明日考えよう」



是非使ってみて下さい。


Copyright (C) 現役人事が教える 【就活に勝つ200のコツ!】. All Rights Reserved.